元Webデザイナー兼コーダーの備忘録

HTML,CSSの入門記事やブログのカスタマイズについてアウトプットしています。

 メニュー

Atom起動時の高速化

Atomの起動が遅いと感じたら、本記事の内容を試してみると良いかもしれません。

本記事で扱う内容は次のようなものです。1.起動時間を確認する。2.不要なパッケージを無効化する。3.ツリービューのプロジェクトフォルダを整理する。起動が遅いのは地味にストレスだと思います。改善する余地があるのなら、対応して快適に使いたいですね。

起動時間の確認

Timecopパッケージを使い、何に時間がかかっているのか確認します。Timecopの呼び出しは以下です。

  1. コマンドパレット(Ctrl + Shift + p)からTimecopを選択する

そうすると以下のようなウィンドウが表示されます。

起動に1167ms(ミリ秒)かかっていることが分かります。ちなみに、1000ミリ秒=1秒です。

パッケージの無効化

使っていないパッケージを無効化します。コアパッケージや自分で追加したパッケージを見直します。無効化しても問題ないものを無効化します。よく調べた上で行ってください。パッケージ無効化の手順は、以下です。

  1. ファイル>設定>パッケージでパッケージ一覧を表示する
  2. パッケージの設定を有効から無効に変更する

プロジェクトフォルダの整理

「プロジェクトフォルダの除去」でツリービューを整理します。この操作は、Atomのツリービュー上でプロジェクトフォルダが表示されなくなるだけです。フォルダを削除する訳ではありません。必要になったらツリービューにプロジェクトフォルダを追加できます。

今回の対応

  • プロジェクトフォルダの整理

以前、パッケージの無効化を行ったので、今回はプロジェクトフォルダの整理をしました。いくつかプロジェクトフォルダがあったので、1つに減らしました。整理後の状態が以下です。

Timecopで起動時間を確認すると以下のようになりました。

少しばかり起動時間が早くなりました。

まとめ

今回は、ツリービューのプロジェクトフォルダを整理しました。使っていないプロジェクトはツリービューに表示しないようにすると良いです。今回は行いませんでしたが、パッケージを見直すのも良いです。

参考サイト