元Webデザイナー兼コーダーの備忘録

HTML,CSSの入門記事やブログのカスタマイズについてアウトプットしています。

 メニュー

IT系の技術書の選び方

はじめに

本には本の利点があり、ネットにはネットの利点があります。ここでは、本の利点のみ挙げます。以下にIT系の技術書の選び方について書きます。

本の利点

  • 情報が体系的にまとまっている
  • 全体像をつかむのに良い
  • ネットの情報より信頼性が高い

技術書を選ぶときにすること

言語なりジャンルが決まっていると仮定して書きます。IT系の技術書を買うときのプロセスと、どこを気にして本を選んでいるかを書きます。技術書はビジネス書や自己啓発本より高く、分厚いので慎重に選びたいところです。技術書選びの参考にしていただければと思います。

本を紹介しているサイトを見る

まず、技術書を紹介しているサイトを複数見て候補を決めます。そこで候補を3~5冊に絞ります。ここで、自分の理解度にあった本を選ぶことが重要になります。

amazonで候補の本のレビューを可能な限り読む

  • 星の数を見る
  • 高評価と低評価の両方のレビューを読む
  • 中間点のレビューも読む

amazonの評価は判断材料になりますが、星の数やレビューはあくまで参考です。

たまにあることなのですが、レビューを書いている方の理解度が本に合っていないため、正当な評価がなされていないことがあります。入門者の方が中級者向けの本と分からずに購入し、「内容が難しかった」や「用語の説明が不十分」ということで低評価を付けていることがたまにあります。低評価を付ける理由が、納得できるものかどうか確認しいた方が良いです。

時間があれば中間点のレビューも読んで、その本のレビューの全体像をつかみます。

気にする点

  • 発売年
    • 古い情報より新しい情報を得た方が良い。
  • 最新版がないか確認する
    • IT技術は常に更新されるので、最新の情報を得た方が良い。
  • 誤字、脱字が多いかレビューで見る
    • レビューで誤字、脱字について書いてあるときがあるので確認する。
    • 入門書を選ぶ場合、誤字、脱字があると理解の妨げになり得る。
    • コードが間違っていると致命的(コードを直せれば別)。

書店で実物を確認する

  • 表紙を見る
  • 裏表紙を見る
  • 帯を見る
  • 著者の紹介を見る
    • 著者の経歴や背景を見て、どのような人が書いているのか確認する。
  • 目次を確認する
    • 知りたい内容があるか確認する
    • 本の内容をおおまかに把握する
  • 気になる項目のページを読む
    • 読みやすいか確認する
  • 買う本を1冊に絞る

まとめ

  • 本を紹介しているサイトを見る
  • amazonで候補の本のレビューを可能な限り読む
  • 書店で実物を確認する

以上が技術書を選ぶときにすることです。