元Webデザイナー兼コーダーの備忘録

HTML,CSSの入門記事やブログのカスタマイズについてアウトプットしています。

 menu

【mustache入門:Ruby版】区切り記号の変更

区切り記号を{{}}から他のものに変更する方法を見ていきます。

作成するファイル

  • データファイル:data.yml
  • テンプレートファイル:template.mustache

データファイルとテンプレートファイルを以下のように作成します。

#data.yml(データの記述)
name: hoge
id: 1
html: <p>
{{! template.mustache(テンプレートの記述) }}
- {{name}}
- {{id}}
{{=<% %>=}}
- <% html %>
<%={{ }}=%>
- {{{html}}}
- {{&html}}

区切り記号の変更

区切り記号を{{}}から<%%>に変更します。変更する区切り記号は<%%>でなくても良いです。以下のようにして区切り記号を変更します。

  • {{=<% %>=}}
    • 区切り記号を{{}}から<%%>に変更
  • <%={{ }}=%>
    • 区切り記号を<%%>から{{}}に変更(元に戻す)

区切り記号変更の確認

mustacheコマンドを実行して、区切り記号の変更が反映されているかを確認します。

mustache data.yml template.mustache
- hoge
- 1
- &lt;p&gt;
- <p>
- <p>

特に問題なく表示されていればOKです。ちなみに、HTMLタグとして出力する場合は、以下のように&を付けます。

{{=<% %>=}}
- <% html %>
- <%& html %>

まとめ

区切り記号を変更する方法を見ていきました。簡単に変更できるので、特に難しいことはないと思います。

参考サイト