元Webデザイナー兼コーダーの備忘録

HTML,CSSの入門記事やブログのカスタマイズについてアウトプットしています。

 メニュー

【YAML入門】スカラー

YAMLでのスカラーとは値のことです。まずは、YAMLで扱える値の型を見ていきます。合わせてコメントの書き方も見ていきます。なお、この記事はドットインストールというプログラミング学習サービスの内容を参考にしています。

YAMLが扱えるデータ構造

スカラー(値)の型

YAMLで扱える値の種類は以下です。

  • 文字列
  • 数値
  • 真偽値
  • Null
  • 日付

作成するファイル

  • parse.rb
  • data.yml:データファイル

ファイルをそれぞれ以下のように作成します。

# parse.rb
require 'yaml'

emails = YAML.load_file('data.yml')

p emails
# data.yml
- hoge
- 50
- 3.14
- true # true/false, yes/no, on/off
- null # ~
- 2021-10-21
- "true"
- '555'

YAMLのコメントは「#」で書きます。

以下のコマンドで出力を確認します。

ruby parse.rb
["hoge", 50, 3.14, true, nil, #<Date: 2021-10-21 ((2459509j,0s,0n),+0s,2299161j)>, "true", "555"]

文字列として認識されているデータは、「""」(ダブルクォーテーション)で囲われているのが分かります。

補足

  • 「true/false」だけではなく、「yes/no」「on/off」も真偽値と判断される。
  • 「null」は「~(チルダ)」で置き換えられる。
  • 「""」や「''」で値を囲うと文字列として扱われる。

まとめ

スカラーについて見ていきました。YAMLで扱える値には型があり、その書き方と実行結果を確認しました。

参考サイト