元Webデザイナー兼コーダーの備忘録

HTML,CSSの入門記事やブログのカスタマイズについてアウトプットしています。

 menu

【YAML入門】マッピング(ハッシュ)

データをハッシュで表す場合の書き方を見ていきます。なお、この記事はドットインストールというプログラミング学習サービスの内容を参考にしています。

作成するファイル

  • parse.rb
  • data.yml:データファイル

まず、ファイルを以下のように作成します。

# parse.rb
require 'yaml'

emails = YAML.load_file('data.yml')

p emails

マッピング(ハッシュ)の記法

マッピングの基本の書き方は以下です。

# data.yml
name: hoge
score: 90

ちなみに、上記はブロックスタイルの書き方です。

以下のコマンドで出力を確認します。

ruby parse.rb
{"name"=>"hoge", "score"=>90}

フロースタイル

マッピングブロックスタイルフロースタイルの2つの記述のスタイルがあります。下記は、フロースタイルの書き方です。

# フロースタイル
{name: hoge, score: 90}

入れ子構造

インデントで入れ子構造にします。

name: hoge
score:
  game-1: 30
  game-2: 40

以下のコマンドで出力を確認します。

ruby parse.rb
{"name"=>"hoge", "score"=>{"game-1"=>30, "game-2"=>40}}

scoreの部分で入れ子になっているのが確認できます。

まとめ

マッピング(ハッシュ)の記法について見ていきました。シーケンスと同様に、ブロックスタイルとフロースタイルの2つの記述のスタイルがあります。

参考サイト