元Webデザイナー兼コーダーの備忘録

HTML,CSSの入門記事やブログのカスタマイズについてアウトプットしています。

 メニュー

【YAML入門】一つのYAMLファイルに複数のデータセットを記述する

データの区切り記号について見ていきます。どこまでが一塊のデータなのかを表します。なお、この記事はドットインストールというプログラミング学習サービスの内容を参考にしています。

作成するファイル

  • parse.rb
  • data.yml:データファイル

データの区切り記号:---, ...

  • ---:データの区切りの開始
  • ...:データの区切りの終了。省略可。

ファイルをそれぞれ以下のように作成します。

# parse.rb
require 'yaml'

File.open('data.yml') do |io|
  # YAML.load_documents(io) do |d|
  YAML.load_stream(io) do |d|
    p d
  end
end
# data.yml
---
- a
- b
- c
...
---
- 1
- 2
- 3
...

以下のコマンドで出力を確認します。

ruby parse.rb
["a", "b", "c"]
[1, 2, 3]

2つの配列に分かれていることが分かります。

補足

データがひとつのときでも先頭に「---」があることがあるようですが、特に気にする必要はありません。

# data.yml
---
- x
- y

まとめ

一つのYAMLファイルに複数のデータセットを記述できることが分かりました。

参考サイト