元Webデザイナー兼コーダーの備忘録

HTML,CSSの入門記事やブログのカスタマイズについてアウトプットしています。

 menu

プログラミング学習ノート作り

プログラミングの学習方法は人それぞれだと思います。

私は、過去にプログラミング学習用のノートをよく作っていました。ノート作りをして実感したことは、労力がかかる割に非効率的だということです。しかし、紙には紙の良さがあります。紙で読みたいときもあるのです。

最近、プログラミング学習ノート作り熱が再燃しました。「コードをプリントアウトしてノートに貼って書き込みたい。」と考えるようになったのです。調べていくうちに扱いやすいデータとして残せるし、そのデータをPDFに変換できることが分かりました。プログラミング学習ノートの新しい作り方をご紹介します。

プログラミング学習ノート作りの手順

手順は以下の通りです。

  • 学習内容をマークダウン形式で作成する。
    • マークダウン形式なので、ブログやGit Hubに転用できる。
  • マークダウン形式からPDFに変換する。(体裁を整える。)
  • PDFを印刷する。
  • ノートに貼り、自由に書き込む。

Atomにパッケージを追加する

まず、エディタはAtomを使います。Atomの「markdown-pdf」パッケージをインストールします。markdown-pdfパッケージでマークダウン形式からPDFに変換します。使い方は、過去の記事を参照してください。

買い足したもの

A4で印刷して、F4サイズのノートに貼ります。F4サイズだと余裕をもって貼れます。マスキングテープを使うと貼り直せます。

おわりに

今回の方法は、ひとつのソースを複数に転用することができます。PDFに変換したり、ブログやGit Hubに利用できます。アナログとデジタルの両方でデータを持てるので、今の私にとって最善の方法だと考えます。他に良い方法がありましたら、お知らせください。

参考サイト