元Webデザイナー兼コーダーの備忘録

HTML,CSSの入門記事やブログのカスタマイズについてアウトプットしています。

 menu

主要なAdobe製品の紹介

f:id:shiroyuki2020:20210609151155j:plain

数多くあるAdobe製品の中から主要なものについて、簡単にご紹介します。中には似たものもあるので、その違いについても書きます。私自身は、PhotoshopIllustratorDreamweaverの3つしか使ったことがありません。他のアプリケーションにも興味があるので、今後使う機会があればと思っています。

Photoshop

画像編集、イラスト作成、Webデザインができます。特徴は、ラスター画像を扱うことです。用途は、以下の通りです。

  • 写真のレタッチ
    • 肌のくすみを消したり、髪の毛の色を変えたり、色の調整など
  • イラスト作成
  • Webサイトのデザインやバナー制作
  • GIFアニメーション作成

Illustrator

イラスト、印刷物が作れます。ポスターや冊子などのページ数の少ない印刷物を作れます。特徴は、ベクター画像を扱うことです。ベクター画像は、拡大しても境界線がぼやけません。用途は、以下の通りです。

  • 名刺
  • ポスター
  • パッケージデザイン
  • 冊子

InDesign

DTP。カタログなどページ数の多い本を作るのに向いています。イラレと同様に、ポスターや冊子も作れます。イラレとの違いは、ページ単位で制作するところです。そのため、ページ数の多い本を制作するのに効率的です。InDesignは、マスターページ(テンプレート)で共通のページレイアウトを作り、後からまとめて文章を流し込むという作り方をします。

他のAdobe製品との連携で、より仕上がりの良いものが作れます。例えば、フォトショで補正した写真やイラレで作ったイラストをInDesignに持ってきて、印刷物を作ります。用途は、以下の通りです。

  • カタログなどページ数の多い本
  • ポスター
  • 冊子

Premiere Pro

映像制作、編集ができます。バラバラに撮影した映像ファイルを1本の映像にまとめることができます。また、様々なエフェクトをかけて映像をリッチにすることができます。音声の加工もできるようですが、高度なことをするには音声専門のアプリケーションを使った方が良いです。

こちらも他のAdobe製品と連携できます。補正した写真で映像を制作したり、イラレで作ったイラストをアニメーションさせることができます。また、フォトショのレイヤー構造を保持したままプレミアに読み込むことができます。用途は、以下の通りです。

  • 映像制作、編集

After Effects

文字や写真、ロゴにエフェクトをかけることができます。さらに、エフェクトやアニメーションを作ることができます。プレミアでもエフェクトをかけられますが、After Effectsではより高度なエフェクトを自作できます。用途は、以下の通りです。

  • エフェクト作成
  • アニメーション作成

Adobe XD

Webサイトやスマホアプリのワイヤーフレーム、プロトタイプ、UIデザインができます。アンカーリンクで簡易的に、ページ内リンクやサイト内リンクを再現できます。用途は、以下の通りです。

Dreamweaver

デザイナー向けのテキストエディタです。HTMLやCSSのコーディングで使用します。編集内容をリアルタイムでプレビューできます。用途は、以下の通りです。

  • HTMLやCSSのコーディング

まとめ

フォトショやイラレで素材を作り、他のAdobe製品でそれらを活用して制作物を作ることができます。Adobe製品同士で連携できる点が、他のアプリケーションとの大きな違いであり、メリットでもあります。