元Webデザイナー兼コーダーの備忘録

HTML,CSSの入門記事とブログのカスタマイズについて書いています。

 menu

初めてプログラミングを勉強する方にJavaScriptをオススメします

私は、いくつかプログラミング言語を勉強しました。その中で初めてプログラミングを勉強する方に1つすすめるとしたら、JavaScriptをおススメします。その理由を経験談と共にご紹介します。

初めてのプログラミング

私が初めて教わったプログラミング言語は、Javaです。今思うとプログラミング入門者が、一番最初に学ぶ言語としては難しいと思います。タッチタイピングもそんなにできなかった頃でしたので、コードを写経するのも大変でした。それに、オブジェクト思考の概念が難しく、理解に苦しみました。ただ、Javaを教わったことは無駄ではないと思っています。

その後、JavaScriptを独学で勉強して趣味の範囲で使っています。他にPHPとCを少しだけ勉強しましたが、今は寝かせています。少ないプログラミング経験ではありますが、初めてプログラミングを勉強する方にはJavaScriptをオススメします。その理由は以下です。

JavaScriptをおススメする理由

理由1:手軽に始められる

JavaScriptは、ブラウザとエディタ(メモ帳)があれば、すぐに始められます。他に必要なものはありません。他のプログラミング言語は、開発環境を構築したり、初期設定をしたりと準備の段階でハードルが高いです。そのため、コードを書く前に挫折してしまう可能性があります。

理由2:インタラクティブなものを手早く作れる

JavaScriptは、ブラウザ上で動く言語です。動きのあるものを作りたいと思ったときに手早く作れます。

例えば、「ボタンをクリックすると画像がランダムに表示される」といったものを作りたい場合、ボタンや画像などをHTMLで、見た目をCSSで、動きの部分をJavaScriptで書きます。HTMLとCSSは比較的簡単に習得できるので、学習コストは低いと思います。あとは、JavaScriptが書ければ実現できます。

理由3:情報収集しやすい

ネット上に日本語の情報が多いので、分からないことがあっても大抵のことは解決します。それだけ多くの人が使っている言語とも言えます。日本語の情報がないときは海外のサイトを参考にしますが、日本語のサイトが豊富だと助かります。

おわりに

まず、作りたいものが決まっているのでしたら、それに必要な言語を始めることをおススメします。

特に作りたいものはないが、プログラミングを始めてみたいと考えている方には、JavaScriptをオススメします。JavaScriptは、手軽に始められて、それなりに動きのあるものを作れるので、入門者にとって丁度よい言語だと考えます。動くものが作れるとモチベーションが上がり、その後の学習意欲にも影響すると思います。プログラミングは簡単に習得できるものではないと思いますが、楽しみながら学べればと思います。