元Webデザイナー兼コーダーの備忘録

HTML,CSSの入門記事やブログのカスタマイズについてアウトプットしています。

 メニュー

デザインのセオリーを知らない人がやりがちなデザイン

まえがき

実はデザインにはセオリーがあります。私たちが目にしている商業デザインは、計算されたデザインです。飲み物のパッケージや広告、お店のロゴなど、ありとあらゆるものがデザインされています。

一方で、デザインは誰でもできます。しかし、セオリーを知らずにデザインしたものとセオリーに則ってデザインしたものとでは、差が生まれます。この差を埋めるには、セオリーを知り経験を積むことが必要です。

あなたは、デザインをするときに何に気を付けていますか。

デザインのセオリーを知らない人がやりがちなデザイン

私が新米Webデザイナーだった頃にしていた失敗や、一般の方がやりがちなデザインを以下に挙げていきます。

文章を中央揃えにする

キャッチコピーの中央揃えは良いが、全ての文を中央揃えにするのはよろしくないです。文章を中央揃えにすると行頭が揃わず読みにくくなるので、止めた方が良いです。読んでもらいたい文では、読み手のストレスになります。読むスピードを崩されます。

フォントを複数使う

フォントは、2~3種類で十分です。増えすぎると統一感がなくなり、読みにくくなります。フォントが持つイメージを理解して、使い分けることが重要です。

メリハリ(強弱)がない

フォントの大きさや画像の大きさなどにメリハリがないと、どの情報が重要なのか分かりにくいです。情報の優先度が決まっていないとメリハリが付けません。

色に頼らなくても、文字の大きさ、太さ、字間を調整することで、文字だけでも十分なデザインとなります。

原色を使う

子供っぽい印象を与えます。知育玩具などの子供向けのものなら問題ありません。

自然界には、原色に近い色は存在しないと言われています。原色は人工的な色で、不自然な色なのかもしれません。

多色使い

ここぞとばかりに沢山の色を使うのは、よくありません。騒がしく、ごちゃごちゃした印象になります。視線が散り、重要な部分が分かりにくくなります。意味のある多色使いなら問題ありません。

余白を埋める

余白もデザインのひとつです。余白があることで、文字が読みやすくなります。余白で区切ることで、情報のグループ分けができます。余白の面積を揃えることで全体のバランスがとれます。余白が多いと優雅さを演出できます。余白は怖くありません。

あとがき

デザインのセオリーを知らない人がやりがちなデザインを、6つ挙げてみました。他にもあると思いますが、思いつかなかったのでまたの機会に持ち越します。

デザインに正解はありませんが、セオリーに則って制作するだけで、整ったものに改善されます。デザインは、情報の送り手と受け手を繋ぐ伝達手段と考えます。私はデザインするときに、"情報を正しく伝えられているだろうか"ということを考えて制作しています。