元Webデザイナー兼コーダーの備忘録

HTML,CSSの入門記事やブログのカスタマイズについてアウトプットしています。

 メニュー

【YAML入門】YAML記法を試す

今回は、YAMLの記法について勉強しました。

YAML(Ain’t Markup Language)とは、構造化されたデータを表現するデータ形式の一つです。設定ファイルやデータ保存などに利用されるそうです。なお、この記事はドットインストールというプログラミング学習サービスの内容を参考にしています。

公式サイト

環境

作成するファイル

  • parse.rb
  • data.yml:データファイル

まず、メールアドレスを出力するだけのコードを作成します。

# parse.rb
emails = [
  'hoge@gmail.com',
  'hoge@example.com'
]

# 出力
p emails

以下のコマンドで出力を確認します。

ruby parse.rb
["hoge@gmail.com", "hoge@example.com"]

YAMLファイルの読み込み

データ部分(メールアドレス)をYAMLに切り分けて、別ファイルとして読み込むように変更します。

# parse.rb
require 'yaml'

# データの読み込み
emails = YAML.load_file('data.yml')

p emails
# data.yml
# データの記述
- hoge@gmail.com
- hoge@example.com
- hoge+hatena@gmail.com

以下のコマンドを実行すると、メールアドレスが出力されるのが確認できると思います。

ruby parse.rb
["hoge@gmail.com", "hoge@example.com", "hoge+hatena@gmail.com"]

まとめ

今回は、データをYAML形式の別ファイルにして、読み込むことを確認しました。今後は、YAMLの記法について見ていきます。

参考サイト